安物はだめか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ネットで売れ筋の時計を調べてみた所価格は7000円前後のものが人気だそうです。
確かに写真で見る限りそう悪くはないがかといって魅力的かというとそうでもありません。
好みの問題もあるでしょうが、写真だとやはり実物が良く分からないからです。
写真は必ずしも100パーセントその商品のよさを伝えているとも限りません。
また逆に良く見せていることもあるので、ネットで時計を買うのにはやや抵抗があります。
大手のサイトで売れ筋になっていれば安心なのでしょうが、なにしろ経験がないのでまだ勇気がでません。
現在の日本の景気や平均月収からして7000円前後の時計を普段使いに購入する、あるいはプレゼントに贈るというのは一般的な感覚なのでしょうか。
聞いたところ40代や50代の男性が一万円以下の時計をしているというのはなんとなく節約家的な印象を受けますが、それも有りでしょう。
昔のように時計や靴でその人の成功やステイタスが計られていた時代はとっくにすぎさりましたから、アラフォー世代が1万円以下の時計をしていても全く問題ない時代です。
バブルのころとは違いますから。
地元のホームセンターには980円の時計さえあります。
詳しくない人にすれば7000円のものと大差はないように見えるかもしれません。
部品や材質に差があるのでしょう。
またデザイン料も含まれています。
さらにはブランド力で値段に差が出てきます。
確かにどんな安物でも時間をしることはできます。
980円でも一万円でもさらには100円均一のものでも時間を知ることは可能です。
どのものでもピンからキリまであるものだなと感心します。
その方面に詳しい人にあまり安物をプレゼントするわけにはいきません。
値段がわかってしまいます。
わかってもいいような間ならいいかもしれません。
でも安物は使いたくないという人もいるはずです。
以前3万円ほどの時計を買ってもらったことがありましたが、買ってもらってまもなく動かなくなりそのまま使わなくなりました。
ところで物をよくなくす人がいます。
自転車や家の鍵はもちろん大切な書類をなくす癖がある人は少なくありません。
なくすというよりはどこにおいたわからなくなるのです。
大雑把な性格の人に多いのかもしれません。
そういう人は当然ながら時計もよくなくします。
置き場所を決めていないために紛失するのです。
高価なプレゼントをなくすのは残念な事ですから、おき場所を決めてなくさないようにした方がいいと思います。
使ったら元の場所に戻すという基本的なことが大切です。

Copyright (C)2017大人だから持ちたい!ホンモノの時計選び.All rights reserved.